【ご感想】でも、本当に必要なのは、もっと別な時かもしれませんね

Pocket

【ライフメッセージのご感想】

スタジオマネージャー Yさま

“この度は、お忙しい中、ありがとうございました。

まず、最初に思ったのは、このメッセージは、読み切りではなく、
何度も何度も繰り返し読み返すものなのかも^ ^と思っています。

きっと、必要と感じた時、読み直し、思い直す事が出来る!
メッセージだと思いました。

なので、今日も何度か、仕事中、スーパーのレジ待ち、信号待ちなど、
髪が乾くまでなど、ふとした時間をみては、読み返し、そうだ、そうだ、そうだね、
そうあるべきだと、胸に染み込んでおります。

でも、本当に必要なのは、もっと別な時かもしれませんねw”

寝る前にも読み返してみようかと思います。

(割愛)

文書での鑑定も良いですね^ ^
活字好きとしては、嬉しいです。

しかし、生年月日だけで凄いですね。
的をえてます(°_°)”

 

Yさま、ありがとうございました。

今回のライフメッセージの内容を以下でご紹介しております。
(ご本人の承諾を頂き、掲載させていただきました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供についてだね。
子供といるのは楽しいかい。
あなたが楽しんでいるか、否か。子供たちはその心で感じています。
それが全てです。

あなたが子供との関係を楽しむ、喜ぶ、そして時には怒り、悲しみ、慈しみ、見届け、見送る。そんなプロセスを経ながら、親子で成長する。

息子が心配。大丈夫。彼は強い。芯が強い。
その心の内に、立派で、素晴らしい思いを秘めている。
ただ、今はそれに気づいていないし、少し弱っている。

その心の火を守り、暖め、大きくしてあげることも母としての
責任かもしれないよ。

それを通じて、あなた自身の成長もまた遂げられる。

娘が奔放。
それも家族としての役割だよ。

自由にさせてあげなさい。そうすれば自然と帰ってきます。
あなたが信じることがその子を励まし、勇気づけ、心地良く、
世界を飛び回らせるのです。

夫とのことですね。
彼とは話合いなさい。真の対話を。真のふれあいを。
価値観というのは、変わるものです。
その人自身と価値観は異なるものです。

あなた自身が夫という存在に何を見るか。
立場の違いは価値観の違いを起こします。ただ、同じものを見てみてください。
価値観の奥にある真実を。

夫との関係もまた成長です。あなた自身が今世でやるべきことの一つです。
その先にすばらしい世界が待っています。
あなたが予想もしないドアが待っています。私はその前で待っています。
いつ来るのかと、今か今かと待っています。あなたの歩みで進んできてください。
私はいつまでも待っています。

仕事のことですね。
仕事は順調ですね。ただ少し飽きているのでしょうか。
あなたが次に何をしたいか。はたまた何もしたくないか。それが全てです。

場というのはとてもいいですね。

場を作れる人は限られています。物理的な場、空気としての場。
あなたは場を作ることができる人。
どんな場を作りたいのか。どんな場は嫌なのか、そのあたりに次へのヒントがあるかもしれません。

コラボレーションもいいかもしれません。新たな出会いや経験が
あなた自身を刺激し、次へのエネルギーを蓄えさせます。

どこかに出かけるのもいいでしょう。
東がおすすめです。復興支援もいいでしょう。あそこは新たなエネルギー、場が生まれてきています。
ただ、とても生まれたてで、今はかよわき存在で、皆のサポートを必要としています。
どんな場として育てていくのか。それが問われています。
そしてその関わり方はそれぞれです。今の場所から関わるのも一つでしょう。
あなたが思う関わり、それは福島に限らず、あなたに浮かぶその場所へアクセスしてみてください。
それが次へのヒントかもしれません。

そして
あなた自身へ。

あなたはかわいい人です。人から愛される人です。そして場を作れる人。
あなたが強くあろうとすれば、強い場を作る。愛する人であれば愛される場ができる。

あなた自身が場なんです。
家族との関係もそう。あなたがどのような場でありたいか。
それが大事なんです。
それは変わってもいいですし、喜怒哀楽によって瞬時に切り替わってもいいんです。

大事なのはいつも自分であること。
何かの役割に囚われることは不要です。

あなたがあなたであること。それは全てなんです。
それが始まりなんです。それが終わりなんです。(終わりはありませんが)

もっと自己表現を。恥ずかしいこともいいじゃないですか。
それがあなたなんですから。

強くあることと優しくあることは同居できます。
それをあなたが望めば。

あなたがどのようにありたいかを制限なく望むことが幸せへの扉です。

その扉はいくつもありますし、その扉が閉じることはありません。
そしてその扉は誰とでも一緒に通ることができます。

あなたは誰とどの扉を通りますか?
それがあなたの選択です。それがあなたの望む道です。

それを自身に問うてください。
家族とも楽しく問うてください。

世界は約束されています。安心で安全です。
それが全てです。それが答えです。

ありがとう。

 

 

Pocket

PAGETOP