質問しながら、もう、ライターという職業はいらないんだ。と感じました。

Pocket

ライフメッセージ・セッションのご感想を頂きました。

○セッション前後の気づきや変化について

質問しながら、もう、ライターという職業はいらないんだ。と感じました。
まだ、私自身が、その事実についていけていない感じですが。笑

辛いものをあっちへ置いて、うれしかった体験を喉に入れたら、なんとなく、呼吸が楽になりました。

帰り道、自分のなかと対話するような感じになり、涙がまた出てきました。
あーそこも辛かったね、という感情が出てきました。

○セッションの印象・感想について

受けとめて貰えるという安心感がありました。

辛いものを出して、うれしい体験を新しい形にして置き換えるという提案は
具体的で分かりやすかったです。
同じようなことを、本などを読んでイメージしても、ひとりではなかなかできません。
セッションならではの体感のように思います。

○ライブエッセンスの印象・感想について

ソフトな印象。
キャッチボールをしている感じでした。
投げたもの(質問・疑問)がスポッと直幸さんの穴に入り、その穴からまた答えがスポッと出てきて自分に帰ってくる感じ。

○知り合いにこのセッションを紹介するなら、どのように紹介しますか?

まず、興味のありそうな人にしか話さないと思います。という前提で。

セラピストが見えない存在から私に必要なメッセージを受け取って、それを文章にしてくれて、
それを見た瞬間、泣いた!と、伝えます。「分からないけど、泣けてきた」それを体験するだけでも面白いよ!
のような感じで伝えます。実体験が一番リアルだと思うので。

最近、子供のころのことを思い出すことがとても多く、でも、戻れないのだから今を見なきゃ!と自分に言い聞かせていました。
子供の頃のわたしは、理想のわたしです。それは、まさに柔らかい光でした。
セッションを受けて、そんなことを思いました。
ありがとうございました。

◇ ◇ ◇

ライフメッセージ・セッションの詳細はこちらのページへ。

message_top_logo20140319

Pocket

PAGETOP